NISAにぴったりの商品とは?じっくり保有できるファンド

長期的に利回りがある商品を選択

投資をするときの新しい口座としてNISAがあります。1年間に120万円まで投資をすることが出来、こちらで得た売買益や配当などの利益は課税されません。通常は20パーセントほどが課税されるので、かなりお得になるとされています。投資対象としてはj リートも含まれています。こちらは、日本の不動産を中心に投資をするファンドになります。景気が上昇したり地価の上昇などがあれば当然将来の資産増が見込まれます。ですから投資をするのにいい商品と言えます。

毎月少しずつ購入すると良い

NISA口座は以前は1年間に100万円しか購入できませんでした。現在は120万まで投資が可能です。株式投資への投資も良いとされていますが、適しているのはj リートなどのファンドです。株式だと価格の上下動が激しく、売買も頻繁に行います。それよりもじっくり持つことが出来るファンドの方が向いています。それでも価格の変動は適度にあるので、一度に上限を購入するより毎月少しずつが良いかもしれません。10万ずつ買えばぴったり120万購入できます。

一度使った枠は使えない

株式投資の中にデイトレードと呼ばれる投資方法があります。買って売るをその日のうちに行う方法です。大きく投資して小さい値幅で取引をするために一定の利益が得られます。NISA口座の場合、一度使ったらその枠は使えません。そのために、あまり株式のデイトレードには向かないとされています。j リートなどのファンドは、デイトレードで行われるタイプではありません。経済状況を見極め保有をします。分配金をしっかり積み上げるのに良い商品になります。

jリートのファンドは最近よく売れているようですが、これは低金利下にあって確実な賃料収入が見込めるからです。