ファッション業界で働くために専門学校へ通う人へのアドバイス!その内容とは?

流行りは、フランスで作られる

今年の流行や、来年の流行などの言葉が扱われる事もありますよね。まだ、訪れている訳でも無いのに、どうして、その様な流行りが予測できるのかと不思議に思われた人もいるのではないでしょうか。まるで、占い師の様な発言ですが、しっかりとした理由があります。当たり外れで大量に生産をすれば、外れた場合大きな損失が生じてしまいますよね。予め流行りを決めておく事によって、損失に対するリスクを防ぐ事が出来ます。フランスで決められている事が一般的であり、流行らせるために、各国の有名人に着用してもらったりする事もありますよ。フランスから発信されるデザインを押さえておく事も大切ですよね。

基礎を学ぶのであれば、パタンナーの仕事が一番

ファッションのデザイナーに限らず、デザイナーになりたい人の多くは、自身の価値観を周りに認めてもらいたいと思われている人達も多くいますよね。周りが見えずに、独断偏見な価値観を持ち合わせてしまう人も多くいます。市場が求める価値観とミスマッチが起きてしまう事もありますよ。プロのデザイナーの多くは、個性的な価値を持ち合わせながら、市場が求める価値観を考えてデザインをしています。新米がデザインを学ぶ場合は、プロがデザインをした内容を元に型紙を作るパタンナーの仕事が一番です。基礎を学べるだけでは無く、自身の価値観に対する視野を広げて行く事にも繋がりますよね。

デッサンの腕を磨くのも大切

洋服を作る事が上手な方でも、絵を描く事が苦手な人もいるかもしれません。オーダーメイドで依頼される場合、ラフスケッチの姿を顧客に示さなければならない事もありますよ。絵が下手であれば、信頼を損ねてしまうかもしれませんよね。デッサンの腕が高まれば、観察力を高める事にも繋がりますよ。もちろん、プロのデザイナーになるには、大切な要素の一つです。実際に写真などで写された洋服などに対して、上から鉛筆でなぞりながら腕を上げて行く方法もお勧めです。体で覚える事によって、洋服を作る場合にも良い影響を与えてくれますよ。

ファッション関係の仕事をしたいときには、服飾の専門学校に通うことです。海外留学制度がある場合もあり、知識を増やしセンスを磨くことができます。