投資信託ファンドの運用にランキング情報を利用しよう!

ランキング情報の活用

投資信託のファンドを運用するにあたって、ランキングの情報をどのように利用すればよいでしょうか。まず、ファンドを購入する時にランキング情報を参考にするという使い方があります。すなわち、どうせファンドを購入するのであれば、ランキング1位のファンドを購入したほうがよいではないかというように考えるわけです。これは、ある意味で正しいファンドの選択方法と言えますが、注意しなければならない点もいくつかあります。

ランキング情報の注意点

一つには、ファンドのランキングというものは過去のデータをもとに作成されていますので、そのランキングが将来にわたって続くものとは限らないという点があります。二つ目としては、循環論という立場をとるならば、直近のパフォーマンスがすごく良かったということは、そろそろパフォーマンスの悪くなる順番になっているのではないかという考え方をすることもできるわけです。例えば、そのファンドの好調さがドル高・円安のおかげであったとしましょう。

今後のパフォーマンスを予想

そうすると、そろそろドル高・円安のトレンドが反転して、今度はドル安・円高に向かうかもしれません。そうなると、昨年は好調だったファンドのパフォーマンスも、今年は悪化してくるのではないかと予想されるわけです。ですから、今後もパフォーマンスが良くなると考えられるファンドを選択する事が大切となってきます。これは、ファンドを新しく購入する時に言えることですが、パフォーマンスの悪いファンドを解約して有望なファンドに買い換える時にも使える手法と言えるでしょう。

ファンドのランキングをチェックすることで、将来性のある投資先をいち早く調べることが出来る等、沢山のメリットがあります。