どういった点が良いの?信用取引を行うメリット

信用取引は破滅と隣り合わせの危険な取引?

少しでも金融取引に携わると耳に入るのが『信用取引』という株取引の手法です。他方でその一般的な評判を調べてみると、「信用取引で全ての財産を失った」「信用取引で巨額の借金を抱えてしまった」という破滅的なものをよく目にします。しかし、信用取引は必ずしもそのような危険な側面ばかりがあるわけではありません。折りしも昨今は個人投資家を保護するような措置が多く講じられているため、危険性を抑えつつも信用取引のメリットを享受することが可能になっています。

空売りが行えるのが信用取引最大のメリット

信用取引を行うメリットには様々なものがありますが、まず最初に挙げられるのが「空売りが行えるようになる」ということです。現物取引で原則的にお金を出して株を買うことからしか始められませんが、信用取引では最初に証券会社などから株を借り、それを市場に売却することで売りからエントリーすることができます。それが『空売り』です。空売りでは、最初に高く売っておいてそれを安く買い戻して返済することで、その差額分が投資家の利益になります。つまり、株価が下落した方が儲かる取引になります。

資金の積み増しでより多くの利益が見込める

信用取引では、株だけではなく、株式運用するための資金そのものを借りることができます。その額は委託証拠金の額で決められますが、中には「わざわざお金を借りるまでしなくても良いじゃないか」という感想を抱く人もいるかもしれません。しかし、金融取引においては、利益額は単純に市場に投入する資金の額に比例します。少しでも資金を積み増すことで利益を拡大することができるため、信用取引で資金を借り、それを運用して規模の大きな株取引を行うことは大変有効だと言えます。

信用取引とは、自分の資金や株式などを担保に証券会社から資金を借りて株式投資を行うことをいいます。現物取引と比べて最大で3倍の取引ができるため、取引がうまくいけば3倍の利益を得ることができます。