自己破産をするには弁護士費用の工面が必要です

自己破産費用は20万円から40万円が相場

自己破産手続きを行う場合には、裁判所への申立に必要な費用は3万円程度ですが、債務調査や金利引き直し計算を行う必要があるのでもっと大変かもしれません。弁護士に依頼すると、もれなく必要書類を準備出来るだけでなく、本人の代理人として動けるので自己破産準備手続き中に訴えられた場合にもすぐに対応出来るメリットがあります。自己破産手続きに必要な費用は依頼する弁護士により異なり、20万円から40万円程度かかりますが、間違いが許されない手続きとなるために専門家に依頼する費用として必ずかかるものと思っておくと良いです。

必ず弁護士に会って人となりを確認しよう

弁護士ならば全ての法律業務に詳しいかといえば、実際には違います。自己破産手続きに詳しい弁護士に依頼すれば、債務調査段階で過払い金の発見から過払い金返還請求訴訟提起まで迅速に行ってもらえます。過払い金返還請求により戻ってきたお金を弁護士費用に充てることも可能ですから、是非とも依頼を行うと良いのです。問題は、弁護士との相性がどうしても発生してしまうことです。弁護士は個性が強い人が多いので、話してみて人となりを確認してから依頼すると良いでしょう。

公的支援を受けるかどうかは先に相談する

弁護士費用を心配する場合、公的支援制度を受けることが出来る弁護士事務所を選ぶと良いです。国が設置している法テラス制度に基づき紹介された弁護士は、自己破産申請を専門とした弁護士とは限りません。自分で相性が良い弁護士を探して、公的支援制度に対応していれば依頼してから公的支援制度の申請を行うと費用面でも楽になります。分割払いに対応している弁護士事務所が多い中で、公的支援制度を利用出来れば更に負担が軽くなることもあります。

自己破産とは借金を返済するのが困難な場合に債務者自ら裁判所に破産申立をし借金をなくす手続きのことをいいます。